メニュー

ニキビや吹き出物がある場合には、化粧品選びにも注意が必要です。

ニキビや吹き出ものなど、お肌に何らかのトラブルがある場合、使う化粧品には細心の注意をはらうことが必要です。メイク用品はもちろんですが、化粧水などの基礎化粧品は、ニキビなどの症状を悪化させないよう慎重に選びます。

 

にきび化粧品とは、にきびができている肌にも優しい化粧品のことです。いろいろなメーカーから、基礎化粧品からメイク用品までさまざまなものが発売されています。にきびができている時は油性の化粧品を使うと、毛穴を塞いでしまうばかりではなく、にきびを悪化させてしまいますので絶対使わないようにします。また、化粧品は無添加のものや自然派のものを使うようにしましょう。

 

毎日のケアで、重要なのはやはり洗顔です。アルカリ性の物は避け、刺激の少ない洗顔料で洗顔します。チューブのものでも固形石鹸でも、必ず泡たてネットで弾力のあるキメの細かい泡を作り、絶対にこすらずに肌表面を撫でるようにして洗顔してください。

 

肌に泡をのせるだけでも泡が汚れを吸着して綺麗にしてくれます。逆に過度にこすると肌に刺激を与え、失った脂分を補おうとますます脂っぽくなってしまいます。
また、人によっては、スクラブタイプの洗顔料はあまりお勧めできない事があります。

 

なぜならスクラブの刺激できびの炎症がひどくなり、より症状が悪化してしまう事があるからです。
化粧水については、最近の化粧水を見ると、大体のものに必要な成分は入っているようですから安心して使用してよいといえるでしょう。
注意する点といえば、その人のお肌のタイプによって使い分けると言う事です。

 

乾燥肌なのか、脂性なのかによりますね、脂性の方は、季節やお肌の状態によって、保湿効果の高いタイプとさっぱりとするタイプのものを使い分けると、より効果が出るでしょう。
乾燥肌の方は、保湿効果の高い化粧水を、使いましょう。

 

ニキビ跡を消すための化粧品

 ニキビが治っても、ニキビ跡が残るのは嫌なもの。実は、このニキビ跡は大きく分けて2つの種類があるんですよ。ニキビ跡が赤い、または黒っぽくシミのように色素沈着してしまったものと、表面が凸凹になっているものです。

 

ニキビ跡が陥没してお肌が凸凹になってしまっている場合は、細胞まで傷ついている可能性があり、化粧品で改善するのは難しいでしょう。しかし、陥没してしまったニキビ跡でも、あきらめず努力しましょう。この場合、皮膚を健康な状態に保って、お肌の刺激となる紫外線を浴びないようにします。なるべくお肌を守っていくように、と日常生活のなかでもとにかくやさしいケアをする事が望ましいの。

 

正しい洗顔をじっくり規則正しく行えば、少しずつ肌の状態は改善されていくでしょう。時間はかかりますが、結果的にはお肌の負担も少なく確実に改善されていくと信じて続けてみましょう。ニキビ跡ができているお肌は敏感になっていますので、刺激を与えるとダメージとなりニキビ跡が濃くなりかねません。お肌に負担をかけない化粧品で、根気よくケアを続けることが大切。

 

にきび跡が、赤みがかった状態や、その赤みに色素が沈着してでえきたシミ「にきび跡」の程度なら、にきび跡に効果のある化粧品で、にきび跡を薄くしたり、消したりすることも可能です。にきび跡には、ビタミンC誘導体配合の化粧品が効き目があります。ビタミンCには高い抗酸化力があるので、にきび跡の活性酸素を消し去る働きがあります。

 

また、皮脂はもともと活性酸素に弱い脂肪酸ですので、ビタミンC誘導体の抗酸化作用によって酸化から肌を守ることができます。ですから余分な皮脂の分泌が抑えられて、にきび予防にも効果があります。
お肌のケアは、とにかく根気よく続けることが肝心ですから、あきらめないでがんばってみてきださいね。

 

大人ニキビのための化粧品

 大人になってからできるにきびは、思春期のにきびとは違います。また、にきびの原因は、さまざまなことが考えられますので、その原因をさぐってみましょう。

 

大人のにきびの大きな原因としては、食生活の乱れ、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの崩れ、紫外線の影響などが挙げられます。
また、女性の場合は生理の前などに、にきびができやすい傾向があります。大人にきびをできにくくするためには、まず食生活を見直し、生活リズムを整えたりする必要があります。

 

また、メイクをしている場合はそれをしっかりと落とすという事も大切です。
大人にきびができている肌は、非常にデリケートな状態なので。できるだけ刺激を与えないようにしましょう。

 

にきびができているときは化粧品等の使用は避けたほうが無難。大人にきびが出来ている肌を隠そうとして、厚めに化粧品を付ける方がいるようですが、決して肌には良くありません。

 

それが大人にきびを悪化させてしまう要因となりますので、充分気を付けてください。大人にきびの化粧品を選ぶ際は「低刺激」と書かれた化粧品を使用すると良いでしょう。

 

低刺激化粧品とは、保存料やアルコール、香料などの肌に刺激のある物質を出来るだけ控え、使用試験を行った比較的安全性の高い化粧品のことをさします。
そのため、一般の化粧品と比べ、大人にきびが出来ている肌には優しい化粧品と言えます。

 

しかし、化粧品に含まれる成分によっては、非常にデリケートな肌の方には合わない物質が含まれている場合もあるため、パッチテストなどを行ってから使用したほうが安心です。
大人にきびが大きい、大人にきびが長期間にわたって出続けている場合は、にきび跡が出来る可能性もあるため、念のため医師の診断を受けることをおススメします。

ニキビや吹き出物がある場合の化粧品選びについて関連ページ

刺激成分入りに注意
大人ニキビを改善するためのケア用品の中に、刺激が強い成分のものがあります。自分の状態に合わせて選びましょう。