メニュー

何気無く使っている ニキビ用品の中に刺激になる成分が

大人ニキビイラスト

大人ニキビを改善するには、様々な要因を考える必要があります。若いころによく出来るニキビとは違い、生活習慣の見直しと食事、睡眠、ストレス、スキンケアなどが関係してくるからです。
何度も繰り返し出来るニキビにあきらめてしまわずに、どうしてそうなったかと原因を探ることで、嫌な大人ニキビとおさらばすることも夢ではありません。

 

大量に市販されている化粧品類は、合成保存剤や界面活性剤が使われているものが多いので成分をよく理解した上で使用するのが望ましいでしょう。ニキビにはできるだけ低刺激で天然由来のものが適しています。また殺菌力があればあるほど刺激は強くなりますし、気付かないうちにダメージを蓄積してしまいます。だんだんと肌が弱くなっていくとニキビなどのトラブルが何度も再発しやすくなるのです。
化粧品類はどうしても長持ちさせるように作られていますので、防腐剤や保存料はかかせません。しかし数少ない中にも、天然成分から作られた防腐剤を使っているものもあるので自分で自分に合うものを探していくといいですね。エチルパラべン、フェノキシタール、プロピルなどはほとんどの化粧品でよく見かける成分です。敏感肌の人やアレルギー反応が出やすい人には注意する必要があります。

 

また泡立ちをよくするために使われている薬品が、トリエタノールアミン、ジエタノールアミンで、長期間使用し続けると、発がん性の恐れもあるという報告も出ています。とにかく泡立てばいいと思っている人もいますが、いくら毛穴の汚れを取ってくれても有害なものであれば元も子もありませんよね。いかに肌に低刺激かが問われているのです。

 

殺菌力や洗浄力が強いものもニキビ肌に効きそうなイメージがありますが、強い成分が入っているので敏感肌やアレルギー反応などがある方は気を付けましょう。よく売れているニキビケア用品に、ベンゾイルというアクネ菌を酸化し、殺菌する働きを持つものがあります。これはニキビには効果的ですが、副作用が起きることもあるので注意しましょう。

 

女子にウケがいいからと合成の香料を使って香りで騙しているのもよくありませんね。見た目を重視して作られているものは合成着色料が多用されている可能性が高いので、本当に肌にいいものを見極めていくことが大切です。広告の謳い文句に釣られて決めるのではなく、自分の肌に合うもの、アレルギーを起こさないものを知り見極めていくことが大切でしょう。

 

注意!ニキビケア用品は、刺激が強い成分入っていることが多い関連ページ

ニキビ肌の化粧品選び
ニキビがある場合には、化粧品選びには注意が必要です。ニキビ肌の化粧品選びについて