メニュー

肌質事の大人ニキビ対策のポイントをまとめてみました。

肌質を確認するイラスト

大人ニキビには肌タイプによって治し方が違うのを知っていましたか?
みんなそれぞれ育った環境も違いますし、食生活や生活スタイルによって肌の体質も変わってくるものです。

 

自分がどんな肌タイプかをよく知ることで、それに合った対処法をして大人ニキビを治していきましょう。

 

では一体どんな肌タイプに分かれるのでしょうか?

 

まず一番多い肌タイプが普通肌で、ニキビになりやすい肌質としてオイリー肌(脂性肌)、乾燥と脂性が混合している混合肌、影響を受けやすい敏感肌(乾燥肌)があります。季節によっても肌質は変わりますので、今どんな状態なのか把握するとトラブルが起きた時に対処しやすくなります。

 

普通肌の人はもともと肌荒れが起きにくく、丈夫で健康な肌をしています。しかし暴飲暴食や不摂生したりすると荒れてしまったり、ニキビができたりしますが、規則正しい生活をすることで肌は元通りになりやすいです。

 

大人ニキビを作りやすいのが脂性肌になります。

肌のきめも粗く、Tゾーンは常に脂っぽくなりやすいです。皮脂が詰まりやすいので、正しい洗顔とスキンケアが必要です。ジャンクフードやお菓子などを食べていると余計脂っぽい肌になりがちです。食生活も大事ですし、肌も常に清潔に保ちましょう。

 

また油分と水分のバランスが上手く取れるようにすることも大切です。皮脂の分泌が過剰になり過ぎるとニキビが出来てしまったりするので注意していきたいですね。

 

混合肌は季節の変わり目になったりすることもあります。

基本的にはTゾーンは脂っぽくなりやすく、口元や目元が乾燥しやすい肌です。部位別にケア方法を変えて、脂っぽいところにはクリームなどの油分をできるだけ控えるようにする必要があります。ニキビができやすい部位ですので、オイリーになり過ぎないようにしてあげます。

 

敏感肌は刺激や界面活性剤などに弱く、アレルギーを引き起こしやすい肌質です。

ニキビが出来てしまったらできるだけ負担がかからない天然由来のものや敏感肌用の化粧品を使うのが望ましいです。

 

このように肌質は様々ですので、自分の肌質に合ったニキビケア対策をしていきましょう。

肌質別の大人ニキビ対策ポイント関連ページ

女性ホルモンの影響
大人ニキビの発生は、女性ホルモンの影響を受けていると言われています。そのメカニズムを知り賢くニキビ対策をしましょう。